自己学習習慣の原点。遊びこそ最高の学びの環境。そして、初の女子体験者が来てくれました!

先日、初の女子体験者が来てくれました。パソコンはほとんど触ったこと無く、もちろんプログラミングも今日が初。初めてのプログラミングということで用意していたサンプルプログラムのテキストに沿ってとりあえずやってみよー。

ちょっと詰まったらすぐに隣の先輩会員がフォロー。ほんといつも快くフォローしてくれるのでとても助かっています。

毎回思いますが、やっぱり子どもたち同士のほうが意思疎通がしやすいです。大人が隣にべったりいると緊張しますが、同年代から教わるとなるとリラックスして聞くことができます。

ProGymでは1日の最後に発表の時間があります。

先輩の発表を見ているうちに、彼女は今日初めてプログラミングをやったにも関わらず自分の作品を発表してくれました。

そして、次はもっと自分の自由に作ってみたいとも。「自分の自由に作ってみたい」とても良い感覚を持った体験者でした。ぜひ引き続き体験に来てもらえればと思います。

ちなみに体験に来るまでは、30分くらいしたら帰ろうかと思っていたそうですが、実際の体験時間は2時間くらい。楽しいことをしているときはあっという間に時間が過ぎます。

ProGymでは宿題をやってもOKです。わからないことがあってもすぐに誰かに聞けます。私の息子も集中して短時間で宿題をやるようになりました。

いつもみんなをフォローしてくれる先輩会員の作品。

今回は宝くじです。ルーレット、スロットと来て、次は宝くじ。変数リスト(配列)を使いこなし、宝くじの何組何番という宝くじ番号を生成するところまで作りあげていました。

次は宝くじを買うところと、当選のプログラムを作るそうです(すごい)。具体的にどんなプログラムになっているのか、私も含めみんな興味津々でした。

そして最後はドローン遊び。今日は、入会特典でプレゼント中の広島ローカル、いや、全国的に有名な「ちびりさん」という名称で親しまれている人形をドローンでアタックして倒すゲーム。自分たちで思いついて、すぐ実施していました。

遊びこそ最高の学びの環境だと思います。

真剣に遊ぶから、真剣に考えて、真剣に学ぶ。自己学習習慣の原点が遊びの中にはあります。やらされごとや、一方的に教わる環境では絶対身につかない習慣です。

ご見学はいつでも可能です。また、1週間の無料体験もご用意していますので、ご興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください。

ご見学、無料体験のお申し込みはこちらから

【次の投稿】

【前の投稿】