ProGymの「ご見学/無料体験/お問い合わせ」はこちらから >>

Nintendo Switch『ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング』無料体験会イベントレポート

こんにちはProGym長の竹口です。今回は先日(2021年7月25日)に行われた、Nintendo Switchのゲームソフト「ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング(2021年6月11日発売)」の無料体験会(※1)イベントのレポートをお届けします。

※1 本ソフトの使用については、任天堂株式会社の了解を得ています。申請番号:GBG210001

イベントは、前回と同じく、瀬戸内を中心とした本格派ロボットチームである瀬戸内サラマンダー顧問であり、また、ドローンを使い新しい未来を目指す会社 Abeille Inc.(アベイユ インク)代表の古本氏の挨拶からスタートしました。

挨拶中も参加者の子供たちは「まだか、まだか」とそわそわしながら本日体験するソフト「ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング」が自分の手元に来るのを待ちわびていました。

さて、挨拶も早々に切り上げていよいよ体験開始。参加者の子供たちにソフトを配布したとたんみんな画面に集中。会場はシーンとした静けさに包まれました。

今日はじめて触れるソフトということで、まずは「レッスン編」のモードを参加者の子供たちにはやってもらいました。

レッスンが進んでいく途中、ちょっと躓いたところや疑問に思うことがあったら、すぐに隣のお友達に聞けることは今日のイベントのメリットのひとつです。ひとりでも楽しめますが、みんなでやるとさらに楽しめますね。

ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング」はタイトルにもあるように、プログラミングを行うにあたって、しっかりとナビゲーションしてくれるのが特徴です。おかげで参加者の子供たちはすんなりとプログラミングの世界に入って行けていました。操作も普段から使っているNintendo Switchなので困ることはありません。

また、「ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング」では、「ノードン」というプログラムをつくるうえで必要な様々な機能がわかりやすく準備されており、子供たちはナビゲーションに沿って「ノードン」をつなぎ合わせてどんどんプログラムを制作していました。

体験会の最後にはつくったものの感想や発表をしてもらいました。「発表できる人ー!」と発表者を募ったところ、元気よく手を上げてくれた参加者が1名。彼は2人プレイの自動車レースの作品を披露してくれました。時間に制限があるため完成には至っていなかったですが、今後ぜひ続きをつくってもらいたいですね。

他にも最初の発表者に続けと2名の参加者が発表してくれました。彼らはレッスン編でつくった作品を少しアレンジしたものを発表してくれました。

発表の際に今日の感想を聞いてみたところ「ナビゲーションがとてもわかり易くてよかった」「レッスン編を少しやると感触がつかめたので、レッスンは早々に済ませて自分のオリジナル作品にチャレンジしてみた」「とにかくやっていて楽しかった」など好評でした。

最後に今日やったことの続きでこんなこともできるよ!ということで、古本氏よりオリジナルキャラを使ったシューティングゲームと3Dのカーレースの作品の披露があり、本日の体験会は無事終了となりました。

実質1時間45分の体験時間中、参観者のみんなはとても集中していました。また、体験時間だけではレッスン編を完了することが難しいと思っていた中、オリジナルの作品を披露してくれた参加者には驚きました。

今回の体験会を通じてプログラミングの世界って思ったよりすんなりと入れて、頭でイメージしたものを実際に自分でつくるってこんなに楽しいんだな!と思ってくれたら幸いです。ではまた!

【次の投稿】

【前の投稿】